知らないことがいっぱいある新幹線

N700系

現在知っている新幹線は、実はいろいろなものがあります。その中でも東海道山陽新幹線という背骨の部分に使われているのがN700系です。流線型の美しいフォルムを持っている新幹線で、九州新幹線のみずほもN700系です。エアロダブルウイングと呼ばれる構造を持っており、鳥が羽ばたいているように見えるのがフォルムの大きな特徴になっています。

空気抵抗を減らすということにデザインの主眼が置かれていますが、その分省エネにも寄与しており、高い走行性能を示すことができました。営業速度としては、東海道新幹線で285km、山陽新幹線で300kmまで速度を出すことができます。九州新幹線は、もう少し抑えた260kmになっていますが、これでもかなりの速度で走っていることがわかるでしょう。F1が300km前後という速度域になるのですから、電車としてもいかに速いかがわかります。

非常に美しく流れるようなフォルムを持っていますが、九州新幹線用の車両に関しては、東海道新幹線や山陽新幹線のような白ではありません。薄い水色のボディーカラーが特徴で、色が異なるだけでも、かなり違った印象になっています。これまでの新幹線とも違う斬新なカラーともいえるでしょう。