知らないことがいっぱいある新幹線

中央新幹線とは

さまざまな新幹線の計画も上がっていますが、建設途中にあるのが中央新幹線です。路線が途中で変更されたことで知られてもいますが、世界で他にはない唯一の存在となる予定です。なぜかといえば、線路を走る新幹線ではないところが大きな特徴といえます。

リニア新幹線のことで、超電導技術を使った路線であり、磁力の力を使って車体を浮き上がらせて走るのが大きな特徴でしょう。リニアモーターカーのことになりますが、これまでの速度とは全く異なる505kmをマークするなど、別次元の速さになっています。東京~名古屋間を見ても、わずか40分で結ぶことができるのです。飛行機に乗るときの手間や利便性を考えれば、日本国内では素晴らしい高速移動手段となってくるでしょう。大阪までいってもわずか67分の計画なのですから、現在の2時間30分と比べ、どれだけ速いのかが想像つくはずです。

これまでの新幹線とは明らかに違う車両が作られています。L0系と呼ばれる車体で、試験走行では603kmというこれまでの車両では実現することができないレベルの速度域に達しました。世界で最も早い鉄道となった記念するべき車両といってもいいでしょう。2037年までには大阪まで全線開通するため、一度は乗ってみるべき路線ともいえます。